免震工事

HOME > 免震工事

免震工事について

免震工法は、地震に耐えるのではなく、地震の揺れをゆるやかに受け流す工法です。

免震工法は、地震に耐えるのではなく、地震の揺れをゆるやかに受け流す工法です。

左の写真をご覧下さい。

住宅の写真の下に、何やら四角いフレームのようなものと、その下にはT字型の黒い物が設置されております。 これはTHK株式会社が開発した免震工法で、この写真は免震構造のイメージを表現しております。

免震工事の際には既築の家を持ち上げ、その下の土台と基礎梁に免震装置を設置し、地震の揺れを伝えにくくします。

免震は地震の揺れに対抗するのではなく、地震の揺れをゆるやかに受け流す工法です。

それでは具体的にどんな免震装置が設置されているのか、下記にてご案内します。

免震装置

直動転がり支承

直動転がり支承

直線方向に動くレール(THK『LMガイド』)を十字型に組合わせた免震装置です。住宅の荷重を支えながら、地震による水平方向からの揺れに合わせて、360°自由に動きます。
減衰装置

減衰装置

地震のエネルギーを吸収する装置(THK『ボールねじ』使用)です。建物の急激な動きからの衝撃を吸収する役割を果たします。
復元用ゴム

復元用ゴム

地震時、直動転がり支承によって動いた住宅が、装置作動後に元の中立位置に戻るように促すのが、この復元用ゴムです。

各地で大地震が起きている昨今、一戸建て住宅の免震・耐震の必要性が叫ばれております。
ご家族の安全のためにも、まずは自分の家がどんな状態にあるのか、調べてみるのはいいことかもしれません。

建物の調査は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

HOME

伝統の技術で歴史をつなぐ 株式会社 三和工務店

  • 〒197-0802
  • 東京都あきる野市草花
  • 3492-152

TEL:042-532-4911

  • 営業時間 8:00〜18:00
  • 定休日 日曜・祝日